Tinder|ヤリモクアプリで実際に会える5つのルールとは?

この記事を書いた人

世の中の女性に快楽を与えるため、この世に生を受けました。私のキンタマは元気な精子でいつも満タン!準備OKです。風俗デリヘルは大好物、プロも逝かせるテクニックを日夜研究しています

ヤリモクアプリと言われるTinderですが、実際に相手と会ってセックス出来てますか?

Tinderなどのマッチングアプリでエッチできる確率を高めたいのであれば、男性が守らないとけないルールが5つあります。

Tinderだけでなくマッチングアプリを使って、このルールを守って実際にメッセージをやり取りしてみましょう。

今までよりも実際に会えるところまで進展するケースが増えることが分かってもらえると思います。

せっかくのヤリモクアプリなのに、なかなか相手が見つからない、セフレになってくれる女性とも出会えないという人は、是非参考にしてください。

目次

Tinderで実際に会える5つのルール

1「メッセージは短く端的に」

長文のメッセージは嫌われます。

嫌われるとまともに読んでもらえません。

スクロールなしで、1画面ですべてが見られるようにします。

2「絵文字の多用は避ける」

絵文字を使うと軽薄な男に見られてしまう可能性が高いです。

女性にいきなり「ハート」を使ったりしたら、その時点でアウト。もし「ハート」を使ってうまくいったとしても、それはそもそもあなたに興味があったからであり、「ハート」を使ったからではありません。

3「返信がないからといって不安にならない」

Tindar等のマッチングアプリでは、熱くなったら負けです。

返信がなくとも気にしない。返事が来ても、すぐに返信しないことも大切。

あまりやり取りが多いと、相手の負担になります。

4「なれなれしい文体にしない」

女性が求めるのは男からの尊敬。

親近感を出したいと思い、変にくだけた文章を書くのは逆効果。

敬語を使って、相手に敬意を払っていることを伝えましょう。

それだけで、女性のあなたへの態度が変わります。

5「メッセージを出すタイミングを考える」

相手がしっかり見てくれる時間、心に残る時間を狙ってメッセージを出すと効果的。

相手がひとりでいそうな時間がいいです。「朝よりも夜」「週末よりも平日」がグッド。

まとめ

メッセージは会うための手段。

相手を口説いたり、自分の気持ちを伝えたりする必要はありません。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次